高松市 トヨタ ダイナ 白煙修理 DPF洗浄 タービン交換 高松市  福島自動車

サブページメイン画像

  • HOME
  • 修理
  • トヨタ ダイナ 白煙修理 DPF洗浄 タービン交換 高松市

トヨタ ダイナ 積載車 白煙修理 DPF洗浄 タービン交換 高松市

 力が無く白煙がでるとのことでご来店されました。

レンタカーで使用されている間に故障が発生し、他店でDPFの詰まりと診断され交換したが改善されないとのことでご相談を頂きました。
確かに交換された形跡があり、現在も白煙が大量に出ている状態です。

 インレットパイプを外しタービンの状態を確認します。

白煙が出る原因はエンジンオイルが燃焼してしまうことが殆どですので簡単に確認できるところから点検していきます。
エンジンを吹かした時の音もあまり良くなくインレットパイプにオイルの滲みが見られたのでタービンの確認をしようとインレットパイプを外すとあからさまな故障がありました。
            *写真ではすでにタービンが降りていますが通常は車上でタービンの軸のガタを確認します。

 タービンの羽根が真っ二つに割れています。

力が出ない原因は間違いなくこれです。ターボチャージャーの羽根が脱落して軸も曲がってしまっています。
怖いのは、この破損した部品片がエンジンまで到達して嚙みこんでしまうとエンジン本体までダメージを負ってしまうので確認を進めていきましたが幸いエンジン本体は大丈夫でした。

 インタークーラーの破損がありました。

これはターボチャージャーから出てきた圧縮空気を冷やすインタークーラーという部品です。
そもそもここからオイル漏れすることもおかしいのですが部品に破損が見られここからタービンからの圧縮空気が抜けていました。
想像にはなってしまいますが圧縮空気の抜けによりタービンのアクチュエーターが正常に作動                  せず過回転になりタービンが壊れてしまったのだと思います。
いずれにしてもそのままというわけにはいかないのでインタークーラーも交換させて頂きました。

 交換したばかりのDPFですが、、、

DPFの詰まりにお困りの方も多いと思いますが、詰まる原因は不完全燃焼です。今回のケースのようにオイル混入などによる不完全燃焼を起こすとすぐに詰まってしまいます。ここまでの修理でも費用がかかっていますので今回は流水にて洗浄を行いました。最近では溶剤にて洗浄を行ったりリビルト品もありますので予算に応じてご相談ください。

 大量のカーボンが詰まっていました。

これは作業途中の写真になりますが最近のディーゼル車ではこのような黒いススが沢山たまってしまう傾向にあります。
走行距離も普通車からは考えられないくらい伸びるのがトラックですので仕方ないのですが、当然良いものではありませんので外して洗浄できる部分は洗浄を行いました。
すべての作業完了後、走行テストを行い問題がないことを確認して納車させて頂きました。
ご依頼ありがとうございました!

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
087-865-1011
で受け付けております。
※必ず「ホームページを見た」とお伝えください。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。
>> お問合せフォームはこちら

修理の他のページ